いいね!名古屋 旅ラボ

名古屋と東海エリア(愛知・岐阜・三重)を中心に全国のお出かけ・旅行・食べ歩き・グルメ・観光・カフェ・ランチ・スポットの紹介

MENU

長島ジャンボ海水プールのウォータースライダーがすごかった。おすすめランキング。2018年花火大会も開催。

息子と2人で長島ジャンボ海水プールに行ってきました。

その長島ジャンボ海水プールがかなり面白かったので、プールをいつどのように楽しむか。そしてこの長島ジャンボ海水プール以外にも子どもと家族でカップルで楽しめる施設がたくさんあるナガシマリゾートについて紹介していきます。

Nagasima Resort ナガシマリゾート

三重県桑名市にある総合リゾート施設。名古屋から車で30分。毎日運行する直通バスがあり、東京大阪からも快適にアクセスが可能です。日本最大級の遊園地とアンパンマンミュージアムナガシマスパーランド広大な露天には川が流れ景色抜群の大自然天然温泉露天風呂「長島温泉 湯あみの島」店舗数日本最多のアウトレット三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島プールとスライダーから水上アスレチックまで揃った国内最大級の「長島ジャンボ海水プールイルミネーションが国内最大級で有名な「なばなの里」自然と調和する和の心と情緒豊かな天然温泉「ホテル花水木」など、家族やカップル友達と一緒にまわって何日あっても足りないほどみんなが楽しめる三重県のリゾート施設です。

ナガシマスパーランド遊園地

f:id:me-time:20180720091440j:plain

地上高97mから落下角度はなんと68度、時速153キロで一気に落下する史上最強の「スチールドラゴン2000」や、日本初上陸4Dスピンコースター「ARASHI嵐」超大型フライングタイプうつぶせのまま急降下するACROBATクロバットなど世界最大級のジェットコースターからキッズタウン、「名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク」など小さなお子様から小中学生から大人まで全ての年代で楽しむことができる遊園地です。

長島ジャンボ海水プール

f:id:me-time:20180720090353p:plain

遊園地と同じ敷地内にあるのですが、さらに広大な75,000㎡もの敷地にたくさんのプールとスライダーが揃った国内最大級の海水プール。23mの高さから60度の傾斜を急降下「フリーフォールスライダー」から激しく巻き上がる大波を浮き輪に乗って楽しむ流れるプール「超激流プール」から小さなお子様も楽しめる「屋内こどもプール スパキッズ」子どもが遊べる「JAPAAANジャパーン」水中アスレチック「ぴょん・ぴょん・ドボン!」など多種多様なプールが揃っています。名前のとおりプールの水は伊勢湾の海水を浄化殺菌して使用しているので水の量も豊富にあり、衛生面でも万全で、安心して海水浴プールが楽しめます。

長島温泉 湯あみの島

f:id:me-time:20180720090519p:plain

源泉かけ流しの露天風呂と内湯が17種類もあり、岩盤浴もある33,000㎡の日本最大級のスケールの100%源泉かけ流しの天然温泉。かなり広い庭園露天風呂では四季を通じて様々な美しい景色をお風呂に浸かりながら落ち着いて見ることができます。東北地方を代表する渓流の奥入瀬渓流をイメージした露天風呂と、日本一の大峡谷の黒部峡谷をイメージして天然の樹木や巨岩で現地の大自然そのものを再現した露天風呂があり、視覚・聴覚・嗅覚・感覚から身も心も癒されます。

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島

f:id:me-time:20180720085518j:plain

インターナショナルブランドから日本で初めて出店されるブランドなど様々なショップがたくさん入っていて、ショッピングをより身近に楽しめます。

国内外問わず様々な店舗が入っており、家族でもカップルでも楽しくショッピングができるアウトレットパークです。

イルミネーションやホタルにも会える「なばなの里」

f:id:me-time:20180720085957j:plain

季節の見ごろの花々、夏はホタルに花火が見れます。東海地区最大級の13000坪の花をテーマにした植物園、和・洋・中・イタリアンなどのレストランなど一年を通して楽しめるレジャー施設です。特に人気なのが冬から5月上旬まで営業する「なばなの里イルミネーション」では毎年内容を変え発表される「メインエリア」や「光のトンネル」国内最大の「水上イルミネーション」など見どころ満載

3月〜5月上旬にはチューリップや春の花、6月上旬〜7月初旬にはあじさいやしょうぶ、9月〜11月中旬にはコスモスやダリアなど季節毎にたくさんの花が見れる人気スポットです。

5月下旬ごろ〜7月上旬ごろには「ホタルまつり」が開かれています。5月〜6月にかけてはゲンジボタル、6月〜7月の上旬にはヘイケボタルを見ることができピーク時には700匹も出現することもあるそうです。「6月下旬が一番多く見られますよ!」とレストランの方が言ってたので6月下旬に行くことをおすすめします。

夏休みには花火大会も開催

f:id:me-time:20180720090034p:plain

ナガシマスパーランドでは夏休み期間中の夜、花火大会が開催されます。スターマインや仕掛け花火などで魅力的な光の世界が演出されます。花火の種類がその日の花火師によって替わるので、いつ見ても違った趣で何度も見ても飽きがこないのが良いです。打上げ花火は園内であればどこでも見れるのですが、仕掛け花火が観れる「芝生広場」がオススメ。「観覧車の周辺」も夜景と花火が同時に見れると人気な場所です。花火開催当日には「19時以降入園割引券」が発売されるので、19時以降に入場すると入場料が大人800円、小学生400円、幼児200円で入場できるのでかなりお得です。 

2018年の長島の花火大会

f:id:me-time:20180720090052p:plain

打上日にち

2018年8/4、8/5、8/11〜16、8/18、8/19、8/25、8/26、9/1、9/2

打上開始時間

20:00から

打上花火の打上数

約1500発(雨天中止)

長島ジャンボ海水プールの上手な利用法

今回僕は息子と2人で長島ジャンボ海水プールに行ってきました。かなり雨が降っており風も強かったのですが、事前に問い合わせたところ「風が強くなると一部スライダーが中止することはございますが、今のところ全てのスライダーがご利用できます。」とのことでしたので前から息子と約束していたこともあり、「雨風でもどうせプール入れば濡れるからええやろ!」と行ってきました。

7月初旬でしたが雨風で水に浸かるとかなり寒かったのですが子どもはそんなことおかまいなしに縦横無尽にはしゃぎ回ります。そして雨風で遊園地のナガシマスパーランドの乗り物は動いていないこともあり、ジャンボ海水プールもかなりすいていました。

ウォータースライダーの順番待ちもないし、流れるプール、波のプール、キッズプールも快適なんです。新登場の超激流プールもまばらで流れ放題。スライダーの順番待ちは0分!登ればすぐ滑れますので乗り放題で気分最高です!
乗り放題のスライダーと流れ放題の超激流プールで夢中になりすぎて、僕も息子も身体が冷えて「ブルブルブルブル」2人ともくちびる真っ青!そんな時も、園内に数カ所簡易的ですが温泉が引いてある所があるので、そこに浸かって身体を温めることができたのでもう怖いもの無し。

プール、温泉、プール、温泉。存分に楽しめます。だからこの長島ジャンボ海水プール行くなら絶対雨の日がオススメ。

プールを出ると17時を回っていたのですが、園内から徒歩で「長島温泉 湯あみの島」に行きました。プールの入場券を見せると、湯あみの島も割引されるのでかなりお得ですので、プールや遊園地で遊んだあとは長島温泉にも行くことをオススメします。2人で庭園露天風呂に浸かり冷えた身体を温め、美味しい食事をしてゆったりまったり22時過ぎまで遊んで、子どもも僕も大満足な1日でした。

スライダー人気ランキング

f:id:me-time:20180720090327p:plain

超激流プール

流れるプールなんですが専用の浮き輪にのって流れます。しかし流れるプールをなめてもらっては困ります。「超激流」です。その名の通り「超激流」ぐわんぐわん波打ちながら流されます。流れに逆らって泳ぐことはほぼ出来ません。それくらい流れ早いです。だから面白い。プールの一箇所に大波を発生させる場所があり、そのスポットでタイミング良く波がきれたところで、息子と2人波のでる所に向かって猛ダッシュ。「バッシャーン」という波の音と共にはじきとばされ流されるのが最高に面白かった。何十回と回ったことか。はしゃぎすぎて僕は筋肉痛になり、息子は足を怪我してしまいました。

伸長制限が130㎝以上で息子は125㎝で足りなかったのですが、ライフジャケットを着けると120㎝以上の子供でも利用可能でしたので、レンタルしてたっぷり遊べました。専用ライフジャケットのレンタルは3000円で返却時に2000円戻ってくるので実質1000円で借りることができます。ご自身でお子様のライフジャケットをお持ちの方は、持ち込み可能ですので持参するのもよいですね。

ブーメランツイスト

初めから終わりまでかなりのスリルが味わえる6人乗りスライダー。大きなゴムボートに乗って地上25メートルから出発します。はじめはゆるやかに流れるのですが、すぐにスピードが上がってきて、ツイストされた先に見えてくるのは、最大傾斜68度、地上高20mの壁に向かって急降下して上昇、下降して折り返して上昇。まさにブーメラン!急上昇と急降下の繰り返しを乗り終えた後は激しく横に揺れるツイストの連続!初めの急降下と急上昇の最高地点でふっと身体が浮くのがクセになります。体重が軽い子供と乗ると摩擦が少ないのでかなりのスピードで急上昇するのでおすすめです。

トルネードスライダー

上にあがると6種類ものコースに分かれているぐにゃぐにゃ曲がったスライダー。まるで蛇がとぐろを巻いたようなスライダーです。浮き輪コースとボディスライダーコースがあり1つのアトラクションで何通りも楽しめる。身体1つで全長230mを駆け抜けるボディスライダーコースはスリル満点!長いトンネルを抜けたあとはハーフパイプの中を猛スピードで駆け抜ける!2人乗りの白い浮き輪を持って子どもと一緒にAのレーンを滑るのをオススメします。ABCDとレーンがあり、水量とトンネルの長さがそれぞれ異なり、トンネルが最後まで続いて一番水量が多くスピードが出るAレーンが一番面白いのでおすすめ。

フリーフォールスライダー

これぞスライダーという感じ。昔からあるフリーフォールスライダー。23mもの高さから滑り落ちます。スライダーの行く先も着水する場所も見えないほど垂直な、なんと60度傾斜のスライダーを一気に急降下。勢いがどんどん増す直線コースを一気に滑りおりる。一瞬のことなので声をあげる余裕もなく身体がふわっと浮いて落ちる感覚が一番味わえるオーソドックスだけど一番最高のスリルが味わえるスライダーです。

ビッグワンスライダー

全長なんと250m、高さ25mからすべり落ちるが爽快ラフティング!4人で乗るゴムボートが回転しながら徐々にスピードを上げて進むのでかなり面白いです。段々急な流れになりスピードが乗ってくると左右の揺れも大きくなり、本当の川下りでラフティングをしているかのような感覚に陥ります。スピードが弱まってきて終わりだと安心していると、その先に急勾配!最後に一気に滑り落ちる感覚は興奮度MAXです!

 

ではでは。今日も良い1日を。またね。

 

長島ジャンボ海水プールで子どもがケガ。その対処法はコチラ。

www.tamapapa.com